眼精疲労とはどんな状態のこと?

 

眼の疲れ、というのは現代人であれば多くの方が体験しているのではないでしょうか。日常的に目が疲れているという方も少なくないかもしれません。しかし、眼が疲れるということに慣れてしまうということもあるのではないでしょうか。

 

パソコンを使ったデスクワークで、眼の疲れを感じても少し休憩して外を眺めれば眼の疲れが取れた気がするものです。

 

しかし、その目の疲れが非常に長引くということもありますし、眼の疲れからくる体の不調があらわれる場合もあります。それが「眼精疲労」です。医学的には目の疲れと眼精疲労は分けて考えられているものです。

 

眼に関する病気が眼精疲労となって表れている場合もあります。またはメガネやコンタクトレンズが合っていないということもあります。実はよく見えるメガネやコンタクトレンズが目に合っているとは限りません。はっきりと見えることによって逆に目が疲れてしまうということもあるのです。

 

コンタクトレンズが処方箋がなくても購入することができる時代にはなりました。処方箋がなくてもコンタクトレンズを購入できることは非常に便利なことです。しっかりと眼科医に検査をしてもらって処方してもらうということは目を大切にいたわることに直結することになります。

 

眼精疲労の大きな特徴として、自然治癒はない、というものがあります。眼の疲れは体の様々な場所に影響するものです。そのようなことを防ぐためにも、眼は大切にいたわらないといけないものでしょう。

 

眼精疲労を解消するには?

眼精疲労の検査によって眼球内の組織が侵されている事が分かった場合には、それに対応した治療が必要ですが、眼精疲労の症状を和らげ、解消させる為にはまず何故眼精疲労になってしまったかという原因を突き止めて、その原因をなくしてしまう事が一番です。

 

とはいっても眼精疲労になってしまえば少し休んだくらいでは簡単に治りませんので、一度は病院に行ってみる必要があるでしょう。眼精疲労は多くの場合疲れ目からくるものですので、まず目が疲れたなと感じた時点で疲れ目を解消させてあげる必要があります。疲れ目解消にこれがおすすめ!⇒疲れ目に効くサプリランキング@おすすめはどれ?

 

疲れ目の効果的な解消法として、まずは目をしっかりと休めることです。目を休めるには十分な睡眠をとってください。また、どうしても目を使う作業をしなければいけないときには1時間に10分程度、周りの景色などをボーっと眺めて、目の筋肉の緊張をほぐしてあげるようにしましょう。

 

また、目の体操も疲れ目に効果的です。目を思い切りぎゅっとつぶって開いてみたり、あちこちに視線を動かします。このときは視線の先を意識的に見るのではなくあくまでも視線を動かすだけにしましょう。また、目や目の周りの血行をよくしてあげる為にマッサージをするのもいいですし、蒸しタオルを目に覆ってみるのもいいでしょう。

 

蒸気のアイマスクなどが市販されているので、そういったものを利用しても効果的です。また、乾燥した空気はドライアイの原因となってしまいます。加湿器をおく、それができなければ濡れたタオル等を近くに置いておくだけでも違います。疲れ目はすぐに解消し、目の筋肉に疲労が溜まらないよう日頃から気をつけましょう。